可愛い動画がいっぱい!

★最新出産情報!

安心をプレゼント!診療費100%補償開始!

2015年

2月

22日

猫の日!!

今日は猫の日♪

お客様から猫の可愛い写真を頂きました!!

ありがとうございます!

子猫のころに迎えてくださった子の大きくなった姿を見ると、

どの子も立派に育っていてびっくりします!(*_*)

これからも幸せにね♪

0 コメント

2015年

2月

16日

子猫の温度管理について

☆★☆子猫の管理温度について☆★☆

猫のいる部屋やケージの中の気温について。
お迎えいただいた子猫がケージの中で丸まっているときは
「寒がっている」状態です。
その場合は室内温度を26~28度まで上げてください。
赤外線ヒーターでケージの外から温めてくださればよいです。
今猫を飼っている方も、覚えておくとよいですよ。
=子猫のお部屋=


★出版:子犬のお部屋の実話

お母さんが亡くなった!

残された子犬を2匹の犬が

協力して育てた感動の物語!

★犬の出産から学ぶ「命」の大切さ!
★本のご購入はアマゾンで!
生後4ヶ月からの若犬!

★全米プロレスに出演!

さいたまスーパーアリーナの

日本公演に子犬のお部屋の

スタンプー!ピース君出演!

★ピース君!カッコイイね!
★ピース君!カッコイイね!
★スーパーアリーナ2万人の観客!
★スーパーアリーナ2万人の観客!

★カレンダー撮影!

プチバセットの子犬の

撮影をしました!

夏の撮影は暑ーい!!

※旧HP(更新なし)

子猫のお部屋(ラグドール他)

携帯向けはこちら↓

携帯用!
携帯用!

★遠方からのご見学に感謝!

最近は、東京ディズニーランド、お仕事での出張、実家への帰省etcをからめつつ、全国各地からご見学にいらしていただいています。「見学して気に入った子を予約し、お迎えは負担の少ない空輸で!」という方も多くなりました。 もちろん画像や動画のみでのご予約も喜んでお受けしています♪

子犬と子猫のお届け先!

安全スピーディー空輸!

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,愛知,静岡,三重,大分,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,中津,臼杵,佐伯,津久見,竹田,別府,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄

 

下記地域は直接手渡しで!

福島,東京,神奈川,埼玉県,

千葉,茨城,群馬,栃木

※準備中の姉妹サイト

子犬&子猫の飼い方(犬猫共通)

★用意するもの♪(子犬用)

 

=最初に準備するもの=

・ドッグフード

・食事用のステンレスの器(最も衛生的)

・ケイジに付ける吸水器

・ケイジ&網スノコ(網スノコをケイジにつけると衛生的)

・ペットヒーター(子犬には真夏でも必要です!)

・幼犬をお迎えの方は夜間ケイジのすきま風を防ぐための布

・布をケイジの周りに止める大きめのゼムクリップを数個

ニュートロ、ユーカヌバ、アイムス、プレミアムフードはいずれもOK

※吸水器はケージに付けて使用します。

※給水器は水入れをひっくり返し、身体が冷える事故を防止できます。

 

 

・ペットシーツ

・トイレ躾用のトレー

・トイレ躾用のサークル(横幅90センチ/天井のないもの)

※お留守番用のケイジとしつけ用サークルを両方用意すると良いです。

 

 

=あとで準備して良いもの=

・ブラシ (スリッカー)

・爪切り(人間用のもので代用可)

・シャンプー&リンス

・首輪

・リード

 

★用意するもの♪(子猫用)

 

=最初に準備するもの=

・キャットフード

・水飲用の食器

・食事用の食器

・ケイジまたはサークル(天井のあるもの)

・猫砂を入れるためのトイレ

・猫砂

・ペットヒーター(子猫には真夏でも必要です!)

・幼猫をお迎えの方は夜間ケイジのすきま風を防ぐための布

・布をケイジの周りに止める大きめのゼムクリップを数個

 

=フード=

ニュートロ、ロイヤルカナン、その他(プレミアムフードいずれもOK)

 

=猫砂の種類=

最初は粒の細かい 軽くない重めの砂をご用意ください。

 

 

=あとで準備して良いもの=

・首輪 (必要に応じて)

・ブラシ (スリッカー)

・爪切り(人間用のもので代用可)

・シャンプー&リンス

 

※猫ちゃんはあまりシャンプーを必要としません。

 全くシャンプーをしない飼い主さんも多くいらっしゃいます。

 

 

 

★食事の与え方

●餌の種類

・ニュートロ、アイムス、ユーカヌバ、サイエンスなどの子犬用フード

・ニュートロ、アイムス、ロイヤルカナンなどの子猫用フード

 

 

■分量について

小型犬や少食の子はフードの袋に記載量の8割食べればOK!
大型犬は成長が早いため少し多めに与えてください。

 

フードに記載の量は動物病院の先生に確認したところ多すぎるそうです!
そのままの量を与えると、食べ過ぎで下痢に。。。(^^;

 

 

■回数について

1日2回のフード(例:朝夕)

1日1~2回のおやつ(犬猫用ミルク)(例:昼夜)

 

※お迎え早々は緊張して食欲が落ちる子がいます。

 食事はお迎えから2週間程度はいつでも食べられるように

 常時、子犬子猫のそばに置いておきましょう。

 

 また、悪くならない程度(夏は3回 春秋冬は2回)の頻度で、

 新しいフードに差し換えるようにしてください。

 

※与える時間帯はお仕事や生活パターンに合わせて変更してください。

 

 

 

■与え方

生後75日頃まではお湯で30分ほどふやかしてからあげて下さい。


ドライフードのままだと、食欲のある子は、勢い良く食べたあと、

水を大量に飲み腸捻転を起こしたり、嘔吐してしまうことがあります。

 

あらかじめフードをふやかし水分を含ませることで、

満腹感が得られ、急激な水の飲み過ぎによる事故を防げます。

 

また子猫の場合は水分摂取量が少ない子が多いので、脱水防止になります。

★お迎え当日の持ち物

 

<直接お迎えの方>(犬猫共通)

バスケット(またはキャリー)をご用意ください。

バスケットの中にはトイレシート(汚れても良いタオル)を敷き、

汚れても良いようにトイレットペーパー、ビニール袋もご用意ください。

 

お膝に抱いて連れて帰っていただくこともできますが、

元気にはしゃいでしまった時は、とても危険です!
安全のため「ふたつきバスケット」または「キャリー」をご利用ください。

 

 

<空輸の方>(犬猫共通)

キャリーやバスケットは不要です。

空輸用バスケットはこちらで準備します。

お迎え時はバスケットごと(そのまま)お連れいただけます。

バスタオル・トイレットペーパー、ビニール袋のみ、ご用意ください。

 

 


※注意!(犬猫共通)
乗り物酔いする子もいますので、食事はご自宅についてからにしましょう。

移動中の水分補給はOKです。(器をご準備ください) 

自動販売機で簡単に手に入るポカリスエットが理想的です。



★ご自宅に到着したら(犬猫共通)

●食事について(犬猫共通)
少し休ませたら、お水と餌をあげましょう。

フードに記載されている規定量を食べなくても心配要りません。

 

 

●餌の与え方(犬猫共通)

フードをたっぷりのお湯で15分程度ふやかして与えてください。

 

 

※注意!

市販の脂肪分が多いフードは下痢をする場合があります。

おやつも子犬子猫には負担になります!

生後4ヶ月過ぎまでは与えないようにしましょう。

 

 

●お迎え後のストレスで食欲がない!
環境の変化から全く食べない場合は強制的に与えてください!

子犬子猫の1日は人間で言う3日分に相当します!

体力がなくなると低血糖&脱水で命の危険も!

 

 

栄養補助剤に黄色いチューブのニュートリ

ブリックパックに入ったミルク、準備しておくと安心です。

 

 

水分を取らない場合は、ティッシュなどに少量の水を吸い込み、

鼻の頭にチョンチョンとつけてあげると、

自分から飲むきっかけになることがあります♪

 

 

 

●チューブに入った栄養補助剤の与え方

栄養剤ニュートリスタットを朝昼晩各3センチ、口に入れなめさせましょう♪

栄養剤は1本用意しておくと安心です。
ペットショップなどで1本1700円~2000円前後です。

 

 

 

●子犬子猫用のミルク

スポイト、工作用の注射器などを利用して、
犬猫の口横からスポイト・注射器の口先を入れ、

1日3回、一口1ミリを1回当たり15~20ml与えましょう。

 

  


●ストレスで便がゆるくなる!

このような時は、お腹の中で大腸菌や原虫などが悪さをしています。


・人間用ビオフェルミン

・ヤクルトBL整腸薬S錠(オススメ)

を砕き、小さじ半分を毎食混ぜてあげると良いです。

 

人間と同じく、犬猫も緊張したりストレスが溜まると、

胃腸の調子が悪くなります。(緊張でお腹がイタクナルのと同じです)

このような時は一時的に免疫が下がり「腸内細菌」が大爆発するのです。

 

新しい環境に慣れる2~3週目頃にはストレスから解放され、

自然に治ることが多いです。 

その間は免疫を高めるために、室温を高く保ち(室温25度)、

秋冬であればケージの周りにタオルなどをかけ「冷たいすきま風」を防ぎ、

暖かい環境でゆっくり安心して休めるようにしてあげましょう!

 

  

※注意!

ストレスで下痢をしてしまったらお腹が機能していない証拠!

脂肪分の多いミルクは厳禁です!

下記の要領で水分補給のみ行いましょう!

 

=上手な水分補給の仕方=

ポカリスエットを暖かいお湯で倍に薄めたものを

スポイトで1回3ミリ程度ずつ1時間に1回、こまめに与えてください。



★ストレスが一番怖い!

●ずっと遊んでていいの?
元気にはしゃいでいるように見えても、実際はかなり疲れています!
お迎えから1週間程度は、しっかり
休ませてあげてください。

 

●睡眠は1日20時間!
一緒に遊んで上げるのは1回10分程度で切り上げ、

あとは自由に好きなようにさせてあげましょう。
寝ているときは「絶対に起こさない!」ようにしましょう



子犬子猫の1日は 人間の3日分 に相当します!

1日に最低20時間の睡眠は確保しましょう!

 

寂しくて泣いていたら、独りきりにせず、

お膝の上で静かに抱きいて、寝かせてあげましょう。

 


ときどき、「寝ているときは音をたてないほうが良いですよね?」

と質問を受けます。


神経質になりすぎず人間中心の普段通りの生活が一番良いです。

もちろんテレビや音楽は普通の音量でOKです!

体を揺すって起こさなければ大丈夫です!(#^.^#)


 

●環境の変化からストレスは絶対に感じている!

新しい環境に慣れるのに最低1週間、通常は2週間必要です!

 

どんなに愛情を持ってお迎えいただいても、

子犬子猫にとっては全くの「初対面の人」!

 

長時間いじりまわされるとストレスが爆発します。

十分に配慮してあげてください。


★困ったときの解決策!(^^)/

緊張して食べないとき! (犬猫共通)

新しい環境で緊張している時期は心配ですね。

でも大丈夫! だいたい5日目頃から慣れてきます。

 

全く食べる気配がない時には、

1日3回、子犬子猫用の粉ミルクをポカリスエットで溶かし、

スポイトで口の横から、1回につき、各20ml与えてください。

※スポイトやシリンジ(100均や薬局でも売られています)を使用。

 

さらに三回のうち1回はフードを10粒程度ふやかしてから、
ミルク&ポカリスエットと共にミキサーにかけた物を与えると、

栄養面でもバランスが良く安心です。

 

お迎え日から5日程度で環境にだいぶ慣れてきます。

そろそろ、お腹が減る状態にしましょう。
一食減らして1日2回だけ、水分補給をしてください。(朝夜のみ)

その頃には緊張がほぐれて食べ出すようになります。

 

ポカリスエットだけでも脱水や低血糖を防げます。
ゆっくり緊張が取れるまで、

時間の過ぎるのを気長に待ってあげてください。(^^)

 

 

★よくある質問!

■子犬にはサークル?? ケイジ??
お留守番や体調管理に、サークルやケイジが必要ですが、

天井のないサークルはジャンプすると外に出てしまいます。

サークルより、ケイジが安全です。

 

また、ケイジの中に敷くものは、木製スノコではなく、

洗える網スノコが良いでしょう。

 

お留守番も網スノコならウンチやオシッコで身体が汚れることも少なく
特に小さいうちは清潔です。

 

 

 

■網スノコは痛くない? 実験してみました!

①タオルを敷いたところ

②網のままのところ

③板を敷いたところ

 

結果はどれも大差なく、気ままに寝ます。
春~夏はタオルは逆に暑いようで、網スノコが一番人気でした♪

 

 

 

■大型犬の子犬

大型犬の子犬はトイレシーツでは遊んでしまうことが多いです。

普通サイズのタオルもゴクリと飲み込んでしまいます!
ただし、通常はねじれてそのまま出てきます。。。

*親犬たちで過去に数回経験済み(^^;

 

大型犬を飼うコツは、大らかに育てることです。

 

★お迎えから1週間の間違った躾方法

<良くない例>
市販の本に書いてあることを鵜呑みにしてしまい、

「しつけ」にばかり気が行き、夜間泣き続けているのに無視!!
ケイジに入れたまま無理矢理寝かす!!!
 

 

→ 結 果!

 

 

家族として迎えてもらえたのに、不安と寂しい気持ちが一杯に!

お互いの信頼関係は崩れ、精神的ストレスを与えてしまいます。

 

 

子犬子猫にとっては、環境が変わっただけでも大変なことです!

初日からしつけ(勉強)をされては、精神不安で体調を崩す原因に。

 

長年の経験から、「しつけ」は新しいお家に十分慣れた頃、

簡単な躾もお迎え1~2週間してからがベストです。

 

 

 

<本格的な躾は?>

盲導犬も生後半年までは厳しいトレーニングは一切せず、

とにかく人間を信頼させることに徹して育てます。 

 

また、無理な躾をせず、普通に愛情を持って育てていると、

無駄吠えも、噛み癖も付きません。

 

 

 

<噛み癖>

良く犬の躾で「噛み癖」について質問を受けますが、

躾をしなければ「噛み癖」は付きません!

 

人間の叱るタイミング、間違った罰の与え方が原因で、

犬は自分自身を守る手段として噛みぐせを身につけるのです。

性格が悪いからなどといった理由で困った子になる子はいません。

 

小さい頃の噛み癖に見える行動は、

人間の赤ちゃんが何でも口に入れてモグモグするのと同じく、

成長過程の学びの一貫で、噛みぐせではありません。

 

ですから事前に噛んで遊んでもよいおもちゃを与える、

噛まれて困るものは高い場所に移す対処を迎える側がすることが大切です。

 

特別な躾をしなくても、人間と同じで、

いつまでも色んなものを噛んで学び続ける成犬はいません。

 

  

 

<私たちが思うこと>

小さいころの躾のし過ぎ

よくない結果を生むことが多いように思います♪

 

 

子犬と子猫のお部屋ではリーダーが誰かが分かるように教える以外、

犬には一切躾をしていません。

でも非常にこちらの言うことを理解し行動します。

 

見学にいらした方は、大型犬が静かに室内でお客様のお相手をし、

スタッフの隣について賢く歩く様子に驚かれます。

 

もちろん、彼らには一切の躾をしていません。

オーナーの隣に寄り添いついて歩くリーダーウォークは、

躾をしなくても「上下関係」がキチンとできていれば、

犬の本能として自然にできるようになるのです。

 

 

 

どうぞ子犬子猫をお迎え後は、

彼らの心の成長を見守り、あせらず、無理せず、

愛情をたっぷり注ぎ、自然に大らかに育ててあげてください

★健康管理(犬猫共通)

生後40日~70日

・1回目のワクチン接種を受ける。
※接種時期については、獣医さんに相談しましょう♪ 

 

 

生後2ヵ月半~3ヶ月

・2回目(3回目)のワクチン接種を受ける。
・ワクチン接種回数は獣医さんとご相談ください。

・接種後、10日程度でお散歩も解禁です。 

 

生後3ヶ月~1歳

・犬にはフィラリア薬の投与 (約半年間毎月1回)

・乳歯で抜けていないものがあれば、獣医さんに見てもらいましょう。

・獣医さんと相談して、生後8か月前後を目安に去勢・避妊をしましょう。
*避妊は女の子の場合、子宮の病気や乳がんの予防になります。

 

 

生後1才~ (毎年継続)

・ワクチン1回

・犬は4月〜11月位までは、フィラリア薬を月1回飲ませる。
*フィラリアは蚊により媒介され、心臓で増殖し、死に至る怖い病気です。

 

素敵な出会いがありますように

★まだまだいます!⇒子犬情報 子猫情報 (サイトマップ

素敵な出会いがありますように
トイプードルのブログ
子犬と子猫のお部屋TOP